意外と知らない 脱毛の歴史

脱毛と聞くとここ数十年前にできた新しいものだと思っていました。
実はその歴史は古く 紀元前4世紀頃にまで遡るのです!!

もちろん、今のような脱毛ではなくその時代ごとに様々な方法で「脱毛」が行われてきたのです。

昔の脱毛方法
紀元前4世紀~3世紀頃
古代オリエント、地中海地方では、宗教や歴史の文献に体毛の除去の習慣や法律が記載されてあり、この時代に「脱毛」をしていたことが裏付けられました。
脱毛方法は硫黄や石灰を水でペースト状にした脱毛剤を使用し、今で言うワックス脱毛のようなものだったと言われています。

紀元前3世紀頃
シュメール人がピンセットや毛抜きのようなものを使って脱毛していたとされています。
古代アラビア人は縄を体毛のある部分で転がして、縄に挟み込んだ毛を引き抜く「脱毛方法」を用いていたようです。

紀元前1世紀頃
エジプトで脱毛剤が使われていた記述が残っていました。
その記述によると「焼いた蓮の葉と油を亀の甲羅に入れ、カバの脂肪を加えた」ものが脱毛剤だったそうです。

紀元前30年頃
この時代はクレオパトラが生きていた時代の脱毛方法は、脱毛剤で体毛を除去したり、青銅製のカミソリを使っていたようです(古代エジプトの工芸品から見つかりました)

日本では、平安時代頃から脱毛が始まったとされています。
はまぐりの縁を使って、額の生え際の毛を抜いていましました。

江戸時代の中期になると、部位によって「脱毛」の方法を使い分けています。

手足などの毛には、「木の実から撮った油と軽石を砕いて粉にしたもの」を混ぜた脱毛剤を使用して、摩擦で毛を切る方法を、陰毛は、軽石で挟んで擦り切ったり、線香で焼いたりしていました。

永久脱毛への道のり
江戸時代後期から明治時代の19世紀頃から「永久脱毛」するために、肌に直接 硫酸などの薬品を塗ったり、毛を抜いた後の毛穴に針を入れて炎症を起こさせ毛穴を防ぐなど、現在から考えるととんでもない方法を行っていたようです・・・

1875年にアメリカで直流電流を用いた逆さまつげの治療が考案され、これをヒントに「電気分解脱毛法」が始まりました。
電気分解脱毛法とは、針を毛穴に差し込み電流を流します。組織液を電気分解したときにできるアルカリ液によって発毛組織を破壊する方法です。
毛穴1つ1つに差し込む、通電時間も長いので施術にかなりの時間を要します。

1916年 アメリカのポール・N・クリーが電気分解法を効率よく改良した「マルチぷるプローブ電気分解脱毛器」を発明し、同時に電気脱毛器の使い方のトレーニング行い「電気脱毛士」を育成、一般にも電気脱毛を広めていきました。

1924年 フランスの医師 アンリ・ボルディによって高周波脱毛法を発表。
高周波脱毛とは、高周波電流を使用して発毛組織を凝固させて破壊する方法です。電気脱毛と比べて施術時間が短いです。

1945年 アメリカの電気脱毛技術者ヘンリーE.St.ピエールとエンジニアのアーサー・R・ヒンケルの共同開発で「ブレンド法」が開発されました。
ブレンド法とは、電気分解脱毛と高周波脱毛を組み合わせた方法。毛穴にニードル(針)を挿入して微量の電流を流すことで発毛組織を破壊させる永久脱毛法です。

その後、1970年代に日本にもブレンド式脱毛器が輸入され、エステサロンや医療機関で施術が行われるようになりました。

1983年にアメリカ ハーバード大学のロックス・アンダーソン博士によって選択式光熱治療の理論が提唱されました。この選択式光熱治療を応用して開発されたのが「レーザー脱毛」です。

レーザー脱毛は、黒(または茶色)に反応する波長のレーザー光を照射することで、熱エネルギーによって毛母細胞や毛乳頭の組織を破壊して永久脱毛する方法です。

1998年頃、日本へもレーザー脱毛器が輸入され広まっていきました。
現在クリニックで主に使われている脱毛法です。

2000年台に入り、 脱毛サロンやエステサロンで主流の脱毛法「光(フラシュ)脱毛/美容ライト脱毛」が開発。
医療用レーザー脱毛とは違う波長の光(400nmから1200nm)で出力も弱くした脱毛法。

黒い色素に反応して光エネルギーを吸収して毛母細胞・毛包・毛根を破壊します。
永久脱毛とは定義されておらず、「永久減毛」というのが正確かもしれません。

まとめ
今現在の脱毛方法へ至るまで、様々な紆余曲折があったことが分かります。

永久脱毛が確立された今も、まだまだ進化を遂げる脱毛。

今生えている毛だけでなく、これから生えてくる発毛因子(バルジ領域)にもアプローチでき、発毛自体させないスタイルの脱毛方法も出てきています。

将来的には、もっと進化した脱毛方法ができることに期待が高まります!!

参考:【大阪の脱毛サロン選び専用HP】大阪で脱毛する前にチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>